死の危険10倍!発がん性の食べ物・添加物まとめ

ライフスタイル

死の危険10倍!発がん性の食べ物・添加物まとめ
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

わたしなどは小さし頃から「インスタント食品は体に悪いから、あまり食べちゃダメ!」なんて言われてきました。

これは昔からの常識となっていますが、それ以外にも普段食べているものに命を縮める危険なものがあるってご存知ですか?

ここで紹介する危険なものが許されているのは日本だけなんです。

そんな体に害を及ぼす危険なものを食べないようにするため、日本の添加物などをまとめてみました。

0.日本人はなぜガン患者が多いのか・・・

世界から見た日本はガン大国と言われているんですよ。

今現在も2人に1人の割合でガンでなくなると言われていますが、それだけガンで亡くなる人が多いのは世界から見たら驚きの事実なんです。

最近では若者がガンを発症するのが目立ちます。

そのガンになる大きな原因が食事だと言われているのです。

日本は健康食品に恵まれているように見えますが、なぜガンにかかる人が多いのか?

これはいかに日本に危険な食事がまん延しているのかということの証です。

1.飲料

1−1.多くの香料で作られるファミレスのコーヒー

ファミレスコーヒー 下痢

出典 http://nikkan-spa.jp

ファミリーレストランなどのおかわり自由なコーヒーってお得感ありますよね~。

しかし、成分の中身はというと添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられ、風味にはコーヒー香料で添加し上手くごまかしているだけ・・・。

リン酸塩のとり過ぎには細心の注意が必要です。

・リン酸塩の弊害

リン酸塩というものは骨の石灰分をつくる働きをしています。

しかし、とり過ぎは鉄分の吸収を阻害したり、体内のカルシウムと結合して体外に排出され結果、カルシウム不足になります。

このことで体の治癒力や免疫力が低下してしまう悪循環をまねくことに・・・。



1−2.太ってしまうカロリーオフな飲み物たち

市販のカロリーオフをうたっている飲料の多くに使用される合成甘味料。

これらには、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKなどが使われてます。

成分の正体は、化学合成物質で、体内に入っても大部分が分解されず、体内を廻って、肝臓や腎臓にダメージを与え、免疫まで低下させてしまう危険性があります。

口から体内に入れば、毒物として認識してしまう物質を、カロリーオフだから、糖分はとってないからという安易な理屈で、飲んでいるのです。

製造元の宣伝攻勢で、巧みにダイエットになるようなイメージを消費者にもたせ、消化できない合成物質とは知らされず、わたしたちは知らずに飲んでいる現実があります。

1−3.エナジードリンクで事件が・・・

エナジードリンク カフェイン 副作用

出典 http://image.news.livedoor.com

2011年12月に起きた死亡事故・・もともと心臓に疾病のあった少女がレッドブルを4缶飲んだところ、急性的なカフェイン摂取により心臓発作を起こし亡くなりました。

死亡した米メリーランド州の14歳の少女は、死亡する2日前に大サイズのエナジードリンク缶を飲んでいたというのです。

1−4.日本の水の塩素濃度は危険!〜都会の水はもう飲めない〜

日本中の法律では浄水場で「カルキ」という塩素で水を殺菌することが決められています。

そして、時代が進むにつれ河川の汚染が問題視され、塩素の投入量は年々増えてきました。

この塩素こそが水中のアンモニアと反応することであの独特のカルキ臭が発生するのです。

さらにこの塩素は、わたしたちの体にも悪影響を及ぼすことは明らかなのです。

残留塩素はガンを引き起こすキッカケに

水道水の塩素は、タンパク質、ビタミンを壊し肌がカサカサになります。

また、キレイな水を作るための浄水場で発生する発ガン性物質も見逃せません。

その物質とはトリハロメタンというもので、聞いたことがありますよね。

この物質を多く摂取してしまうと、中枢神経や肝臓に負担をかけることに・・・

加えて老朽化が叫ばれる水道管の中の赤サビ。

赤サビは、粘土のように水中に溶け出しやすいため広範囲に広がってしまいます。

2.調味料

2−1.禁止の毒物が使われるマーガリン

マーガリン 成分 プラスチック

出典 http://bhc-life.com

わたしたちが日常、食しているマーガリンにはトランス脂肪酸という毒物が含まれます。

すでにオランダでは、トランス型脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止、デンマークでも毒物扱いされ禁止となっています。

またマーガリンは既に、ヨーロッパでは販売中止、製造禁止にもなっているのです。

歴史上、多量の異物を体内に取りこみつづけるような経験は、今までに例がありません。

このような世界の現状の中、マーガリンとショートニングが使われつづけているのは日本だけです。

しかし海外では、正しい認識のもと毒物扱いとされ禁止されているのです。

2−2.イチゴジャムは、りんごから作られる?!

イチゴジャム 添加物 表記

出典 http://i.ytimg.com

いちごジャムをつくるための手順が以下です。

・固めるために…塩化カルシウム
・着色に…タール色素の赤色102号、黄色4号
・イチゴの匂い…合成香料のイソ吉草酸メチル、プロピオン酸イソアミル
・甘み…ソルビット
・利水防止…シュガーエステル
・変色防止…エリソルビン酸
・粘り強化…CMC(繊維素グリコール酸ナトリウム)、アルギン酸、プロピレングリコールエステル、リン酸エステル
・防腐…ソルビン酸

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

こうしてイチゴジャムは危険性の高い食品添加物を主として作られています。

危険極まりない「いちごジャム」の正体

イチゴジャムがいかに食品添加物のてんこ盛りだということが分かってきますね。

・赤色102号は、発がん性の疑いで北欧では禁止されているタール色素。

・黄色4号は、人間にジンマシンを起すことが知られており、アレルギーの原因物質などので花粉症やアトピーの人は特に注意しましょう。

・ソルビン酸は、免疫障害の『膠原病』の原因物質との恐れがあります。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

近年大きな社会問題となっている青少年のキレ・非行・犯罪の増加にも、この黄色4号の原因が疑われています。

2−3.醤油風調味料の物凄い実体、原材料は模造品

醤油風調味料 危険

出典 http://biz-journal.jp

スーパーなどの棚に陳列された「醤油」の成分欄を注視してください。

醤油風調味料」と表示されているものがあるはずです。

これは、いかにも本物らしく仕立て上げるために化学調味料、保存料などが加えられています。

少々値の張る醤油ならば、主な材料は「大豆、小麦、塩」となっているはず。

しかし、「醤油風調味料」の原材料表示には「脱脂加工大豆、調味料、PH調整剤、甘味料、カラメル色素」など多種多様な成分が表示されているはず・・・。

一言でいうと大豆の搾りカスで作られ、この大豆の残りカスを塩酸で加水分解したものなのです。

3.魚

3−1.回転寿司店のネギトロには酸化防止剤も

ネギトロ 添加物

出典 http://shoukou-kofu.jp

おなじみの回転寿司のネギトロは、一般的にビンチョウマグロ、メジマグロ、キハダのトロの部分や中落ちなど、いろんなものを混ぜて作られています。

人気のネギトロは色が変わりやすい特性があり、作り立ての見た目を保つため添加物や、酸化防止剤も使われていることもあるのです。



3−2.フカヒレの偽装

高級食材のフカヒレ・・実際はエイのヒレだったり、フォアグラを使っているとしながらも代用品を使っている現実があります。

作り方はこうです。
鶏レバーに乳化剤やガチョウ油脂、ラードなどを混ぜて成型、このように見た目、味ともに似せたペースト状のニセフォアグラ食材がでまわっています。

3−3.化学品・樹脂会社が開発した人造イクラ

人造イクラ 見分け方

出典 http://i2.wp.com

人造イクラ、実は・・・食品会社ではなく、日本カーバイト工業という化学品・樹脂の会社が開発したものだった事実に驚がくしました!

天然のイクラは鮭やマスの卵が使われていますが、コピー食品のイクラは魚卵を一切使ってないのです。

気になる人造イクラの原料は、外側の皮膜、中身の溶液、中身の目玉で違うということです。

・カラギーナン

ユーケマまたは紅藻から抽出される海草由来の増粘安定剤。

動物に対して、その半数以上を死亡させる経口投与量は、体重1kg当たり5g以上で、できるだけ避けた方が良いものです。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

・ベクチン

成分は、メチル化ポリガラクチュロン酸等の植物由来の増粘多糖類。

ラットに対して、べクチンを0,5,10,15%含むエサを90日間与えた処、一般状態、行動、生存率に悪影響は見られませんでしたが、10%群と15%群では、成長率が僅かに低下したそうです。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

4.嗜好品

4−1.食べ続ければ「うつ病」になるハンバーガー

日本にも浸透してしまったハンバーガーには70種類もの食品添加物が使用されています。

過去に公開された「スーパーサイズ・ミー」という映画があります。

ストーリーは監督のモーガン・スパーロック氏自ら、一ヶ月一日三食、ひたすら大手ハンバーガーチェーンのハンバーガーを食べ続けるという、米国のドキュメンタリーです。

そして一日三食、ハンバーガーを食べ続けた結果・・・

医者も太鼓判を押すほどモーガン・スパーロック氏の健康体は、五日目で体重が4.2kg増に。

また、168だった総コレステロールの値は、18日目には225に上昇。

さらに続けていれば勃起も不能に、うつ状態にもなるということです。

4−2.ラットも死亡した吐き気がする菓子パン

以下に紹介するのは、とある菓子パンの原材料名です。

【原材料名】

・小麦粉、フラワーペースト、ファットスプレッド、糖類
・マーガリン、卵、パン酵母、発酵風味料、食塩、脱脂粉乳

・乳化剤、糊料(増粘多糖類)、香料、イーストフード
・保存料(ソルビン酸)、V.C、カルテノイド色素
・(原材料の一部に大豆を含む)

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

★含有されている食品添加物の危険性

イーストは人工酵母であって、天然酵母ではないのです。

市販されているパンのほとんどは、廃糖蜜にリン酸や窒素などの化学物質を加えて工業的に生産されているのです。

イーストフードとはその名のとおり、イーストが食べるエサという意味で、

・塩化アンモニウム
・炭酸カルシウム
・リン酸塩

この塩化アンモニウムは極めて毒性が強く、人間が大量に摂取すると吐き気や嘔吐などを起こす可能性があるんです。

何故、イースト + イーストフード なのか?というと、短時間で大量のパンを発酵させることが可能で、少ない原料でも見た目がフワフワしたパンを一度に生産できるからです。

4−3.死期が早まるホットドッグ

ホットドッグ 健康

出典 http://bxbfn930.cocolog-nifty.com

ホットドッグはタバコと同じくらい体に毒とまで言われている・・・

1日1個のホットドッグで死期が早まる

1個におよそ50グラム使われている加工肉を“毎日食べると結腸直腸がんになる確率が21%上昇”するホットドッグ。

健康に及ぼす被害は甚大です。

5.肉

5−1.ボロニアソーセージの危険性

ボロニアソーセージ 危険性

出典 http://img20.shop-pro.jp

値段は安くて買いやすく、量も多いのでお弁当に使われている方もいるのではないですか。

しかし、パックの後ろの原材料の表示を見てみると・・・

・リン酸塩(Na) … リン酸ナトリウム

膨張剤や調味料、PH調整剤として用いられる。

また、リン酸塩はとり過ぎるとカルシウムや鉄分の吸収が悪くなり、
骨が脆くなったり、貧血の心配があります。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

・ソルビン酸K … ソルビン酸カリウム

ソルビン酸カリウムは、試験管内の実験では変異原生(遺伝子を
傷つける毒性)のあることが解っています。

変異原生と発がん性は密接な関係が有ります。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

・着色料(赤102) … タール色素、赤色102号

発がん性があり北欧では使用が禁止されています。
また、ジンマシンを起すことが知られています。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

・発色剤(亜硝酸Na) … 亜硝酸ナトリウム

肉製品や魚卵などが黒ずむのを防ぎ、ピンクの状態に保ちます。

食品添加物の中では、急性毒性が非常に強く、
魚肉・魚卵・食肉などに含まれるアミンと胃の中で結合して、
発がん性物質のニトロソアミンに変化します。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

昔から日本人に胃がんが多い原因は、ニトロソアミンが原因ではないかとの指摘もあるほどなんです。

さらに驚がくしたのは・・・急性毒性は、青酸カリと同じレベルということです。



5−2.スモークハムにも猛毒の食品添加物が

店頭で包装の原材料名をよく見てみると

・豚もも肉、糖類(水あめ、乳糖)、食塩、乳蛋白
・ポークブイヨン、昆布エキス
・香辛料、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンC)
・発色剤(亜硝酸Na)、着色料(コチニール、紅麺)

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

と表示されていることを確認しました。

亜硝酸ソーダは、ハムやウインナーなどの食肉製品、鯨肉べーコン、魚肉ソーセージ、イクラ、スジコ、タラコなどに含まれる食品添加物で、主に発色剤として使われます。

こちらも以前から指摘されていて食品添加物の中では、急性毒性が非常に強く、魚卵、魚肉、食肉に含まれるアミンと胃の中で結合してしまうと、体内で強発がん性のニトロソアミンに変化するのです!

こちらも猛毒の青酸カリの毒性に匹敵します。

5−3.強引に霜降りステーキに・・

霜降りステーキ 危険

出典 http://www.e-2929.com

加工段階で注射針で脂身を注入し霜降り風に・・・。

これは「インジェクション」と呼ばれている加工技術で、以前から外食産業では人体への影響を考えず常識的に行われてきたのです。

恐ろしい現実ですが、肉を加工技術で強引に脂身たっぷりのステーキ肉に変えてしまっていたんです。

12
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ