お米の危険性!品種改良による突然変異“ライスフリー”のリスク

ライフスタイル

お米の危険性!品種改良による突然変異“ライスフリー”のリスク
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

「家はグルテンフリーにしてるから、最近主食はお米。」

「子供がアレルギーだから、毎食がお米。」

最近の健康志向やアレルギーの観点から、改めて見直された、お米の重要性。

わたしたちに広がるお米アレルギーの正体が・・

さまざまな品種改良の末、
私たち日本人に、米アレルギーの人が
増えていることに恐怖を感じます。

私たちが日常で主食としている、
人気新種の米は、

今や化学テクノロジーのたまものと
言うしかないのです。

米 危険性

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

そんなお米の本当の実態と、
裏に潜んでいる未知なるリスクを
公開します。

放射線?化学薬品?そして生まれた、「ミルキークイーン」

ミルキークイーン 新米 玄米

出典 http://www.yogorou.jp

ここ最近、人気品種となったミルキークイーン。

有名ですよね・・・

しかし、ミルキークイーンって、子供の頃に食べたことありますか?

特徴は粘りが強く冷めても固くなりにくいので、子供たちのおにぎりやお弁当に各家庭で幅広く使われています。

しかし・・・、ミルキークイーンという品種は、元々コシヒカリの突然変異育種だったんですよ!



ミルキークイーン 無洗米 炊き方

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

この品種は病気に強く、栽培しやすい、そして日本人の舌に合う米の品種を作ろうと、農林水産省主導で研究開発が行われた、あの「スーパーライス計画」で、生みだされた品種なのです。

一部の人だけが知る、放射線や化学薬品を使い、意図的に突然変異をさせ創りだされたという秘話、今、どれだけの人が知っているのでしょうか?

ミルキークイーン 産地 比較

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

研究開発の段階で「コシヒカリ」の花が咲いた後に、特殊な薬品を何度も使うなどして品種改良、その果てに粘りがより強くなったのが、「ミルキークイーン」の現実です。

品種改良されたが「コシヒカリ」が、アレルギーを!?

コシヒカリの特徴 生育

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp

誰もが知る、米の1番人気品種の「コシヒカリ」も、ルーツをたどっていくと7品種の米に辿り着くんですよ。

特徴は、「ふっくらもちもち」の美味しさを求めて改良を重ねられた品種になります。

驚いたことに増加している米アレルギーの人たちは、多くの産地のコシヒカリを食べられないというのです。

米 アレルギー 症状 赤ちゃん

出典 http://www.meiji.co.jp

その主な原因となっているのが、「アミロース」と「アミロペクチン」という、お米に含まれるでんぷんの構成比率なんです。

人の手によって改良された、コシヒカリ系のお米のでんぷんの構成比率は、元々のお米と比較して異なり上手く消化されず、特に赤ちゃんなどはアレルギー反応が出てしまうと考えられているのです。



古来、日本人が口にしてきたのは、粘り気が少なくあっさりとした「ウルチ系」という品種。

高アミロース低アミロペクチンのお米だったのです。
アミロースが多い分、糖度が低く、程よい固さで味わいがあっさりしていた性質のものです。

近年行われてきた品種改良は、粘り・固さ・甘みを追求するあまり、いかにアミロースを少なくするかが競われたのです。

人工的に品種改良重ね誕生した、低アミロース高アミロペクチンのコシヒカリは、このため上手く消化できない。

そうした理由で「米アレルギー」になる人が増加したのです。


アレルギーまでいかなくとも、どんな人でも自然に品種とは異なる成分ですから、消化面で身体に負担がかかっていることに間違いはないでしょう。

米 アレルギー 下痢

出典 http://i1.wp.com

さらに気を付けたいのは、コシヒカリを親として更に改良された新種の「低アミロース米」は、遺伝子操作などによって品種改良が行われた可能性が高くなるので、注意してください。

遺伝子操作・組替え技術について、長期間にわたる人体への安全性は、現段階では実証されていません。

みなさん、気付いていますか?

わたしたちの小さい頃に比べ、お米の品種も多種多様になりましたよね。

食べ比べるのが楽しい分、嬉しい変化なのですが、新しい品種が遺伝子操作・組替され改良されたのだと考えると、ゾッ!としてしまいます。

ちなみに、日本で古くから食べられてきた身体に優しい「ウルチ系」の代表品種は、「ササニシキ」なんです。

米アレルギーに悩む人の中には、この「ササニシキだと食べられる」という人も多くいて、わざわざ選んで購入しているようですよ。

ここでも気づきませんか?

ササニシキって、店頭で目にする機会が減っていますよね。
これは作付けが難しい品種だという理由からなのです。

これまで美味しさと生産性、利益を追求するあまり、人体への負担という最も大切なことが置き去りにされてきたのが現状です。

普段、食べているお米は、品種改良されたものが大半!という事実

小麦といっしょでお米もまた、化学物質のリスクが少なく消化も良い原種のものを食べるべきなのです。

今アレルギー症状が出ていない人でも、身体に蓄積されれば何時、症状が出てもおかしくないのです!

こちらの情報を頭の片隅において、品種改良されていない原種のお米を取り入れていくと身体に優しいですよ。

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ